ひねもす(略)

ラジオとかポッドキャストとかの感想ブログ&日々の記録

イゾラドお父さん

東京ポッド許可局に出てきた「イゾラドお父さん」という新概念が最近気になってる。 「イゾラドお父さん」とは、アマゾンでたった一人の生き残りになってしまった謎の先住民イゾラドのごとく、何を言ってるかよくわからないお父さんたちを悲哀と愛情を込めて…

アメトーーク お母さん大好き芸人を見た〜戦場そして感動〜

ゲスト かまいたち濱家&霜降り明星・粗品&カミナリ竹内&レインボー池田&宮下草薙・草薙&四千頭身・都築、後藤&ハナコ・菊田&パーパー・三人合わせて星野です 中川家・礼二 お母さんの話をする、ほんわか企画だと思ったけど、スタジオは戦場の様相を呈…

芸能人にさんづけするかしないか

なんとなく、このブログではさんづけしている。 とある人が、スーパースターにはさんづけしない。芸人はスーパースターだと思っているのでさんづけしない!と言っているのを聞いて、なんか格好良いなーと思った。 思ったのだが、自分は英語圏の人の名前は呼び…

家でできる仕事が増えたらいいのにね〜内閣府ひきこもり調査を読んで〜

内閣府・ひきこもり調査(平成21年度若者の意識に関する調査(ひきこもりに関する実態調査)) この調査でいう「ひきこもり」というのは 「Q18 ふだんご自宅にいるときによくしていることすべてに○をつけてください。」 で、「家事・育児をする」と回答し…

一夜限りのオンバト。〜爆オン派だったけど、すぐオンバトになった派〜

www6.nhk.or.jp 録画しておいた3月24日放送の「オンバト」をみた。 一言で言うと最高でした。 懐かしい話とか、裏話とかいろいろありましたね。例えば… 結成4日目の東京03の初オンエアのネタが完全にゴッドタンを彷彿するような感じで、完成されていた。 初…

ブログとツイッターとSNSと動画と

よしログを見ていたら、佐久間一行さんが15年間毎日ブログを書いていると言っていて驚いた。もしかしたら芸能人の中で1番長くブログを続けている人かもしれないけど、どうなんだろう。 ツイッターができる前から続けているので、その日あったことをただ書い…

お笑いは伝統芸能になったんだなぁ

過去にもお笑いライブのお客さんの反応について、ちょいちょい問題になってはいた。 確かに、変なところで笑いが起きたり、悲鳴が上がってしまうとテンポが崩れてしまうことはあるらしい。 だけど、演者がそれを言ってしまうのは野暮じゃないですか。 だって…

R-1見た。

R-1でしたね。 見た感想です。 ※見返していないので記憶違いなどあるかもしれません R-1ぐらんぷり2019 公式サイト Aブロック Bブロック Cブロック 決勝 Aブロック チョコプラ松尾 一休さんのIKKOさん お客さんとっても温かい 落ち着きがさすが。 クロスバー…

いい時の記憶で投資したらだめだという話

今日は、お金の話。 元本保証で金利5%!? 年配の人にもお金の教育が必要 元本保証で金利5%!? うちの親はごく一般的な、収入なのですが、家にお金を入れながら二十代のうちに1000万くらいの貯金があったらしいです。 というのも、20代の頃に金利5%の定…

ストレス社会を生き抜くために靴下を編み始めよう

ここ数日、ストレスのかかる状況に置かれておりました。「生きてるだけで丸儲け」というさんまさんの言葉が全く別の響きを持って聞こえるほどでした。 そんなとき、猛烈に編み物をすることで精神を保てることを思い出し、今こうして元気にブログ更新などして…

R-1とピン芸人と

ピン芸人は真摯にR−1に取り組んでいる。コンビに比べて応援してもらいにくいし、そもそも、ピンになったきっかけが相方が辞めたり、コンビを解散したりした人も少なくないので、R-1というのはそれ以外の賞レースの中でも最も芸人人生をかけている人が多い大…

自由になってきたけれど、まだまだ既存のシステムは強い〜「お金2.0」の感想〜

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book) 作者: 佐藤航陽 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2017/11/29 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (4件) を見る 2017/11発売の書籍。 よくもわるくも、経済書というより自己啓発に近い感じがした…

自分が応援しているチームが勝つと食べ物が美味しく感じるらしい

ツイッターを見ていたらこんな記事が流れてきた When your team wins the #SuperBowl, you feel smarter and more attractive. Even food tastes better: https://t.co/0D8Qsvu8RX — CNN (@CNN) 2019年2月4日 スーパーボールで自分が応援しているチームが勝…

「異性」の感想。作家、歌人の凄さ

異性 (河出文庫) 作者: 角田光代,穂村弘 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2014/11/06 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (2件) を見る 作家と歌人が往復書簡形式で異性について語った本。めちゃくちゃ面白いのだけど、その中でも 角田さんが考える…

「人生が楽しくなる幸せの法則」を見てみた感想

www.ytv.co.jp クレームでタイトルが変更された話題のドラマ、それが人生が楽しくなる幸せの法則(旧ちょうどいいブスのすすめ)。 恐る恐る見てみた結果、絶賛ではないが、このドラマはヤンヤヤンヤ言えて楽しくなる可能性を秘めていると思った。また、一部…