ひねもすのたりかたりたい

芸人同棲とかラジオとかポッドキャストとかの感想ブログ

M−1グランプリ2018 3回戦@GYAO!

gyao.yahoo.co.jp

gyao.yahoo.co.jp

 

スリムクラブがおもしろすぎて。3回みた。

最後セリフ飛ばした?わからないですけど、お二人の笑いが好きだなぁと思った。

座王でのスリムクラブも最高だった。もっと出てほしいなぁ。

 

そして話題のコンビ。漫画家。

言葉が強すぎる。説得力がありすぎる。森田先生だから成り立つ内容。そういうのって強いですね。

わたしは漫画はあまり読んだことなくて疎いのだけど、各漫画家さんのエピソードは知っていたので面白かった。それってすごい知名度ってことだよなー。もし漫画の内容をボケで入れられてもわからなかったと思う。本当にすごい。くだらなさもあって、素敵。

 

 個人的に、沖縄よしもとの「ありんくりん」が通過していたの嬉しかった。

見た目やネタの内容だけじゃなくて、台詞回しとか、タイミングとか、独特のリズム感があって新鮮な感じがする。

方言が多いのだけど、お客さんは混乱しないのかな。最初の導入部の「でーじなてーひゃー」とかわかるのかしら。ちなみに「大事になってる」→「大変だ、問題だ」って意味。「わんねー」とかも「私は」って意味だけど、文脈でわかるかなぁ。「たーちまちゅー」とか、「つむじが2つある」って・・・これは内容と関係ないんだけどね。さらに英語も入ってくるという。

地方の芸人さんってどうしても東京や関西に呼ばれるときには地方色を求められるらしい。でも、作ってしまうと地元でやったときに、絶対に恥ずかしい。

その点、ありんくりんってわかりやすくていいなぁと思う。

ただキャラクターが強すぎて、衣装いらないのでは。(でもこの衣装好き。)

 

視聴者としては予選通過者の漫才を、予め見られるのは嬉しい。ただその分、演者側は同じ漫才をできなくなっているみたいなので、そこはなんだか申し訳ない。

ここまでくると、基本みんなおもしろくて、合格した人たちに異論はない。だからこそ、通過してないコンビにも、もっと注目が当たる機会が増えたらいいのになぁ。

 

そんな感じでした。