ひねもすのたりかたりたい

芸人同棲とかラジオとかポッドキャストとかの感想ブログ&日々の記録

漫才劇場の霜降り明星と、最近おもったこと。

【ライブレポート】霜降り明星が漫才劇場に凱旋、見取り図盛山も袖で涙「心優しいモンスター」(写真18枚) - お笑いナタリー

 

この日の出来事をヒューマン中村さんのSHOWROOMで

MCだったジソンシンの酒井さんが話していた。

 

満席立ち見で記者もいっぱい来ていたらしい。

笑わせないといけないのに出演者みんな泣いててダメだ、みたいなことをせいやさんが言っていたそう。

こういう日にちゃんと休みなヒューマンさん、ちゃんとMCなジソンシン。

この日に限らず、舞台っていつも何かが起きていて、だから行くべきという結論になっていた。

 

  • M-1後慌ただしく色んな仕事して、地元に帰っていつもの劇場に来たら、色々ほっとしたんだろうなぁ。とはいえ、売れるためにしょうがないことかもしれないけれど、M-1優勝後の狂奔せざるを得ない状況は心配。薬600錠飲んだり、呼吸のやり方忘れたときのためのメトロノームを携帯に入れなくてもいいようにしてあげてほしい。
  • スケジュールは以前から決まっていたと思うので、見取り図がいるのも偶然なんだと思うと運がある人に集まっている感じがする。
  • 見取り図の漫才はなんかエロいと馬鹿よの新道さんが言っていて、ハッとした。言われてみれば確かに。なんか色気ある芸人やってほしい。ネタの内容ではなくて、絶妙な佇まいがある。あと盛山さんの声が見た目から想像されるよりも高めなのがおもしろいよね。
  • ジソンシンは和牛くらい人気がでてくる予感がする。というか、もうすでに女性人気がすごい。その上、実力もある。運もある。ファンは酒井さんの前髪をおろしてほしいと言ってる人もいたけれど、上げたほうが古風な感じがして良い。たまに下ろせば良い。
  • 中村さんのファンは年齢層が高いのでちょうど仕事や家庭で忙しい世代なんだろうなと思っている。 時間があって体力がある人に好かれたほうが人気商売の人は得だ。

 

こういうことをとりとめなく考えているのだけど、きちんと文章にするには材料不足と言う感じがして下書きのまま、鮮度を失っていく。

でも、下書きのような内容を吐き出せるのもブログの良さだよなーと思ったので出してみた。